映画「飛び火 」

司会 藤井太一

俳優 仲田天使。   

監督  永山正史 

アシスタント 福田直代    

俳優 竹下かおり   

監督

永山正史

​プロフィール

1983 年神奈川県出身。

撮影助手としてキャリアをスタートし、現在は映画のほか CM や VP 等のディレクター、カメラマンとしても活動中。

「飛び火」2012ぴあフィルムフェスティバル入選 

「トータスの旅」2017 ゆうばり国際ファンタスティック

映画祭グランプリ

テアトル新宿、K’s シネマ、シネリーブル梅田にて公開

「天然☆生活」2019年公開予定

​questionnaire 

「飛び火」

牛乳配達店に勤める胃弱で気弱な青年、ヨシオ。 ある日の配達中、ヨシオは誤って犬を轢いてしまう。そこへ通りすがりのオジサンが現れ、ヨシオと瀕死の犬を助けてくれる。 善意の塊のように見えたオジサンが次第に見せる、独特な倫理観と自分の核をしかと持つ行動は、ヨシオと観客の善悪の判断基準の根底をぐらつかせ、恐怖させる。

1.監督になったきっかけはなんですか?

物心ついた頃から映画が好きだったからです。

親が映画が好きだったのも影響しています。

 

最初に抱いた将来の夢が映画監督でした。

2.影響を受けた作品、監督 

鈴木則文 

田中登

岡本喜八

ポール・バーホーベン

3.どんな時にアイデアが浮かびますか?

こんな映画がやりたい、と妻と話しながら生まれることが多いです。

4.映画を作る上での、こだわりはありますか?

なるべく多くの感情が同時に起こるような映画を目指しています。

5.今後、どういった作品を作って行きたいですか?

 

反抗的なコメディです。

6.監督自身の性格を一言で言うと?

陽気

7.悩んだ時の解決方法は?

人に相談します。

8.スタッフとキャストとのコミュニュケーションはどのようにしてますか?

まずはみんなのアイディアを受けます。

既に自分の中にあるイメージに当てはめる作業よりも、思いもしなかった結果になる時が面白いです。